メスティンのおすすめブランドはこれ。ロゴスを10回使って分かった事

かつや
こんにちは。克也です。最近メスティンが本当に人気になっていますね。私も波に乗ってメスティンを購入しました。たくさんのブランドがある中で私のおすすめはロゴス。基本的にテントなどもロゴスの商品が非常に多いです。 今までで10回程度使ってきて、メリットとデメリットそれぞれお伝えをします。

色、デザイン。どれをとっても最高のメスティン

まず何よりもかっこいいのが見た目です。

機能的な事はもちろん大切ですが、それよりも見た目はキャンプをする上で非常に大切な要素となります。

 

シックな感じで非常にかっこいいと思いませんか?

実物を見ていただきたい位ですが、かなり軽く作りもしっかりとしています。

金額の非常に安いメスティンだとシルバーがほとんどですが、こちらのデメリットは傷がつきやすかったり錆びたりしたり焦げがついたりします。

ロゴスのメスティンもケアは必要ですが、非常に頑丈な作りになっています。

実際に白ご飯や炊き込みご飯を炊きましたがこんな感じ。

メスティン全般に言えることだと思うんですが、とにかく作るのが簡単です。

普通にお米を入れて水分をしっかりと入れて火をかけていれば勝手においしい白ご飯が炊き上がります。

こればかりはおそらく誰がやっても失敗しないと思います。

 


と言う位超がつくほど簡単です。

ロゴスでは無いですが、 固形燃料をストーブを買うとそのまま放置すればご飯1合であれば放置で炊き上げることができます。

ご飯を作っている間に違うおかずを作ったり、おつまみを作ったりすることができます。

自宅の炊飯器でご飯を炊き上げるのとほぼ同じ感覚と考えてもらったらいいです。

ソロキャンプでも大活躍。メスティンの中にはものがたくさん入る

他のメスティンでも同じことが言えますが、メスティン自体がケースになります。

調味料が3つ入っていてスプーン、フォーク、箸。

これら全てこの中に収まります。

私はバイクでキャンプに行くこともあるのですが、バイクのソロキャンプは荷物を最小限に抑える必要があります。

ファミリーキャンプでもキャンプをすればするほど荷物がどんどん増えていきます。

そんな時に目線が1つあれば調味料などごちゃごちゃするものがすべて1つにまとまってくれます。

これほど便利で素晴らしいものはないですよ。

ロゴスのメスティンでメリットとは?

他のメスティンと比べて一番のデメリットは金額が少し高いと言うことです。

見た目であったり使い勝手からすると全く問題は無いのですが、安いものだと1500円位でもメスティンが売っています。

それと比べるとかなり高価です。

ロゴスと言う安心のブランドで、使い勝手もかなり良いので私の中ではそこまでデメリットとなっていません。

強いて言うならばと言う感じです。

もう一つあるのが、洗うときに取っ手の部分が少しだけくぼんでいます。

この部分が若干洗いにくいかなと言う印象を持ちます。

できれば全てがフラットになっていると非常に洗いやすかったのですが、構造上の問題で強固にするため仕方がないかもしれません。

よほど失敗しない限りは焦げ付く事はないと思うので大丈夫だと思います。

もう一つのデメリットとして、水を入れるメモリはついていません。

他のメスティンはメモリが付いていて、計量カップなどがなくても簡単に測ることができます。

計量カップを持っている方に関しては必要ないですが、手元にないと言う場合はそれようのメスティンを購入された方がいいかもしれません。

シルバーだけどいうのはなんだか味気ない。

そんな方にはロゴスのメスティンをお勧めします。

補足

メスティンは使っていると黒ずみや黄色っぽいシミが出ることがあります。ロゴスのメスティンだけでなく他のもの全般的に出てきます。そんなときはポッカレモンで煮込むとキレイにできます。焦げが浸かるくらいの水を入れ、大さじ3杯のポッカレモンを入れて沸騰させ、30分煮込んで火を消して冷めるまで放置。中性洗剤で洗い流す。このような手順で行っていけばかなりきれいになっていきます。

ロゴスのメスティンはやっぱりいい

最後にまとめとしてお話をさしていただくと、

やっぱりロゴスのメスティンは最高です。

先ほどもお話しをしましたが、見た目的にも使い勝手的にもすごくかっこよく私個人は気にいっています。

いろいろなキッチングッツやギアを買いましたが、ロゴスのメスティンは今もレギュラー入りで常に使い続けています。

他にも商品があるので色々と調べてみてあなたに合うものを見つけてみてくださいね。

と言うことで今回の記事は終わりたいと思います。

また別の記事でお会いしましょう。