キャンプにコーヒーは最高!コーヒー道具を使っておすすめのスタイルをご紹介

かつや
今回お話をさせて頂くのはキャンプの際に美味しくコーヒーを入れるために道具。そして快適に過ごすためのギアなどをご紹介します。キャンプ場で飲むと言うか外で飲むコーヒーってなんでこんなにも美味しいの?と思いますよね。元々はドリップコーヒーを中心で飲んでいましたが、今ではミルを用意して自分で豆を挽いて飲むことが定番となりました。コーヒーを美味しくの飲みたい。そんな風に思われているのであれば今回の記事参考にしてくださいね。

 

キャンプの醍醐味の1つとして最至福のとき。コーヒーの道具は何がいいの?

キャンプの1つの楽しみとしてコーヒー作り。

コーヒーって外で飲むと本当に美味しいし、最高。

自分でコーヒー豆をゴリゴリしてお湯を沸かしてコーヒーを作る。

なんだか家とは違って解放感があってとても美味しく飲めます。

今回は私が使っているコーヒーメーカーなどをご紹介します。

自分の手で豆を挽くのが一番いい。自分好みにできるのが最高

私が使っているコーヒーミルはこちら

 

 

ミルで粗さは調整できます。

最高は細挽きまでです。

エスプレッソまではできないので、そこまで目指すのであればこれは違う方がいいですね。

細挽きまでできるので濃いコーヒーやライトなコーヒーをつくのであれば全く問題ありません。

アイスコーヒーも通常のコーヒーも作成することができるので全く問題はありません。

電動などもありますが、キャンプでコーヒーを挽いて楽しむのもなんだかカッコイイ感じしませんか?(笑)

完全に私の主観ですけどね。

ちなみに電動はこちら

 

 

BRUNOは見た目もかっこいいので、これはこれでいいかもですね。

コーヒーを挽く際の分量は2杯分までなのでソロキャンプやご夫婦でのキャンプ、家族でのキャンプのみとなると思います。

大人数で全員分を作るのであれば少し少ないのでその辺は人数に合わせて調整をしてください。

自宅では電動ミルを使っていますが、キャンプの時だけはある意味不便を楽しむものなので、手動が一番いいのではと思います。

キャンプ時のコーヒードリッパーは折りたたみが最適

キャンプの際にはできるだけコンパクトに収納できるドリッパーをおすすめします。

私が使っているのはこちら

 

 

ドリッパーとフィルター、そしてケースが最初からついているので手元に届いた段階ですぐにコーヒーを作ることができます。

コーヒーミルとコーヒーの豆。

そしてドリッパーがあれば自宅でもキャンプ場でもすぐにコーヒーを作ることができます。

キャンプの時に私が使っているお湯を沸かすのはこちら。

ソロキャンプであればロゴスのクッカーセットを持ってき、直接お湯を沸かします。

ファミリーキャンプの場合はこちらのケトルを使って行っています。

 

 

カップラーメンなどを作る時もケトルの方が一気にお湯沸かせるので非常に便利です。

お湯を沸かす時は焚き火で行うことはしますが、雨の日などはそれができないので、ファミリーキャンプや車でいく場合はタフ丸。

ソロではイワタニのジュニアコンパクトバーナー。

 

 

 

大きいものを持っていくと少し不便なのと、ケトルを使う際は、電源サイトがなければこちらも使うことができません。

どちらにしもタフ丸やイワタニのジュニアコンパクトバーナー両方ともとても良いものなので購入して損はしないと思います。

自宅でも全然使えますからね。

真冬のキャンプのようにお湯がたくさん必要な時は電源サイトを予約して短時間でお湯沸かせるケトルを持っていきます。

ガスバーナーであればガスの心配もあります。

燃料を節約するためにも電源サイトあれば電気ケトルが1番お勧めです。

カルディコーヒーが一番お勧めのコーヒー豆

コーヒーの豆は本当にたくさんありますよね。

基本的に私はカルディーで購入することがほとんどです。

ほぼ全種類を飲んだと言っても過言じゃない位コーヒーの豆を購入しています。

アイスコーヒーあれば1番無難なサマーブレンド。

ホットコーヒーするのであればリッチブレンドと呼ばれるコーヒー豆が非常に好きです。

マイルドコーヒーもコスパ最高なので超がつくほどおすすめです。

これは完全に好みに分かれるので好きなものを選んでもらったらいいと思います。

どちらにしてもコーヒーはおいしいのでぜひ作ってみてくださいね。

 

 

 

 

まとめ

さていかがだったでしょうか。

キャンプの時にお勧めするコーヒー道具をご紹介しました。

コーヒーって気も落ち着くし、お酒を飲んだ後、休憩の時に飲むと最高のおいしさを感じます。

いろいろなコーヒー豆があるので試してみるのがいいと思いますが、どれも個性的な味をしているので全て楽しむことができます。

キャンプの時にコーヒーを弾いてドリッパーで作る。

なんだか苦労っぽく見えるのでぜひお勧めします。

自己満足かな?(笑)

今回ご紹介したギアの一覧を載せておくので参考になさってください。

また別の記事でお会いしましょう。

さよなら。

今回ご紹介するギア一覧はこちら