5人家族のキャンプブログ。家族でするからこそできる最高のキャンプ

コールマンキッチンテーブル01
かつや
キャンプの出し合記事を見ていると4人家族の設定が多いです。大人2人と子供2人。1番バランスが良いかもしれません。私の家族は子供が3人いるので5人家族。ソロキャンプも凄く良いですが5人家族だからこそ楽しめるものもあります。今回は5人家族の私が普段の楽しみ方や料理などをご紹介します。

家族とする最高のキャンプとは?

私たちが家族がよくいくキャンプ場はこちら

兵庫県豊岡市にある湯ノ原温泉オートキャンプ場は本当にいいところ。

2018年9月30日

兵庫県東条湖モビレージへキャンプ。初心者ならとてもオススメ。

2019年1月4日

比較的広いサイトでゆっくりすることがとても好きです。

家族で大人数ですると食事をする時もワイワイしてとても美味しく食べることができます。

また、たくさんの人数でして全員で役割分担をすると料理なども自分たちでできるようになってきます。

親がすべてするのではなく兄弟で協力しながらすることで仲の良さも深まってきます。

子供たちだけで物事をすることによって自分たちの好きな発想で物事をすることができるのでファミリーキャンプはまた最高ですね。

共通の会話も出てくるのでコミニケーションを取ったりするのもすごくいいと思います。

家族5人でも満足!料理を全員で作って全員で楽しむ方法

料理って自宅で時間を作ってするって中々難しいですよね。

でもね。キャンプだったら時間もあるし全員で料理できます。

そこでおすすめの料理などをご紹介します。

絶対に盛り上がる間違いなし。ポテトチップス

これは是非やって頂きたいですが、ポテトチップス。

これ最高に簡単で美味しいのでお菓子にもおつまみにもなる最高の代物です。

皮を洗ってスライサーで切ってそれを水に浸す。

ある程度乾かしてから素揚げをする。

これだけです。

味は塩胡椒、蜂蜜、チョコレートなど、自分の好きな味に変えていけばいいです。

 

 

定番だけどお酒も進むし満足度も高い焼きそば

焼きそばは定番中の定番だとは思います。

でも、うまい!!

下の写真は普通の焼きそばですが、ホルモンなどを入れてホルモン焼きそばも最高です。

私の夫婦は基本的に2人共飲むのでホルモン焼きそばが非常に多いです。

 

 

冷凍だけど焚き火で作る餃子は最高

焚き火を子供達で育てて、そこでぎょうざを焼く。

私の場合は火お越しから全てやっていきます。

火打ち棒を使って全てやります。

そこから火を育てていくやり方を子供達に覚えてもらいます。

その方が楽しみもあるし、作ったものも冷凍でも最高に美味しいです。

と言うか冷凍の方が美味しいかもしれないですね(笑)

 

 

 

冬場は最高。豚汁と炊き込みご飯

もう見た目で美味しいです。

夏場以外でおすすめしますが、豚汁。最高ですよ。

お酒の後も美味しいし、この2つがあればおかずがなくても大丈夫。

先ほどの焼きそばや餃子と一緒に食べるともう最高。

お菓子に最適。フルーツサンド

これも子供は大喜びするやつですね。

作り方はと言うか、挟むだけ。

サンドイッチ用のパン。

生クリーム。

あとは好きな果物。

以上!!

簡単ですね。でもこれ意外と盛り上があるのでおすすめです。

とりあえず美味しいですよ。

サンドイッチフルーツ

 

見た目も豪華。締めも最高すき焼き。

すき焼きキャンプ01

すき焼きってなんでもこんなに美味しいんだろう。

最初から最後まで美味しいでしょ。

雑炊にして、麺を入れても何をしても美味しい。

しかも見た目すき焼きってなんか豪華でしょ。

だから冬や秋など少し冷え込む季節になると必ずすき焼きをします。

自分で撮影をした写真でもよだれが出てしまう。

 

入れて放置をすれば完成。スモーク

スモークも何をしても美味しい。

チーズ、うずら、ベーコンなどをするのが基本ですが、キャンプ場について、設営が終わればすぐに燻製をセットします。

すぐに食べられるものではないので、ある程度時間も必要なので先にします。

それと、燻製の場合は時間が経過してもずっと美味しいでしょ?

だから、おつまみにもちょっとした時にでもこれがあるといいんです。

チーズは5人家族だと6Pチーズ3箱くらいあった方がいいですね。

 

 

料理を作るのではないけど、ナンとカレーの組み合わせは最高

市販で売っているレトルトのカレーと炭でナンを焼いてつけながら食べます。

この食べ方締めのラーメンと同じように最高においしいです。

先程の燻製と合わせて食べるのもいいですが、カレーにつけて食べるとまた違った風味になります。

炭の良い香りもつくのでおいしさは倍増します。

定番中の定番だけどもみんなで作るとカレーもおいしい

キャンプといえばカレー。と言う位定番になっていると思います。

でもカレー下ごしらえから作るまで家族とするとこれがまた楽しいです。

私の所でもカットや食材を洗う。お肉を焼いたりするのは全て子供がします。

大体のことを親が見てできていればそのままルーも溶かす。

非常に簡単で正直誰がやっても失敗することが非常に少ないです。

にもかかわらず味は間違いなくおいしいですよね。

作りすぎると残ってしまうのでコントロールが必要ですがやっぱりカレーはどこで食べてもおいしいです。

 

 

 

寒い時期はもつ鍋が最高

写真が悪くて申し訳ないですが、すき焼きと同様もつ鍋も全てがおいしいです。

そのまま食べてもおいしいしぞうすい、締めのラーメンなどを作っても間違いありません。

これもカットをしたりするときに子供に全部してもらうことができるので良いお手伝いになります。

 

以上が私たち家族がするキャンプ飯になります。

人数が多い分だけいろいろなものを作ってもしっかりと残さず食べてくれるのも5人家族の良い所ですね。

ただ毎回毎回作りすぎてしまうのでお腹パンパンになり過ぎるんですけどね。

5人家族で楽しめてストレスなしのキャンプレイアウト

ソロキャンプにしてもファミリーキャンプにしてもレイアウトってすごく大事になります。

ストレスを少しでもなくすためにも導線の良い動きやすいレイアウトで道具を置いていく必要があります。

私の場合は基本的に下のような写真で行っています。

私が使っているテントはこちら

 

基本的にファミリーキャンプのときには2ルームを使って行っていくのですが、真ん中にテーブルを置いてそれを囲むように行っていきます。

真冬であればおこもりスタイルになるのでこの形が1番理想的です。

夏場であればタープと連携させて涼しいところで食事を取るようにしています。

基本的にみんなが揃う所には食材のあるクーラーボックスを置き少し離れたところにあまり使わない道具などを置くようにしています。

人数が多くなるとどうしても圧迫感があるので、 圧迫感を少しでも減らすためにも場所を分ける必要があります。

エアマジックと設営方法

このような形で手前に全て荷物を置き座る周辺には余計なものを基本的にはおかない。

このようなスタイルにしています。

このようにすることによってごみごみすることもないし、必要最低限のものを置くので圧迫感はほぼゼロに近いです。

レイアウトと導線を考えてテントサイトを作ることによってより快適なキャンプを楽しむことができます。

ファミリーキャンプで人数が多いからことを考えなければいけないことなんですけどね。

まとめ

さていかがだったでしょうか。

今回は5人家族の私が普段しているキャンプのスタイルや食事のお話をさせていただきました。

キャンプって何回しても正直楽しいですよね。

家族とのコミュニケーションも取れるし普段はあまり話さなくてもキャンプであれば結構話すことも多いです。

コミュニケーションをとったりする場所としては最高じゃないかと私は思います。

もう一つは食事を一緒に作ることによってよりコミュニケーションが取りやすくなるのでとても良い形になりますよ。

今回の食事などいいなと思えばぜひ真似してみてください。

では今回のブログは以上になります。また別の記事でお会いしましょう

今回ご紹介をしたギアはこちら