以外と困るキャンプ時の荷物置き?コンパクトに収納できるのに機能は抜群な荷物置き

かつや
今回はキャンプの時に以外と困る荷物を置きについてお話をします。あれ?これどこにおけばいいの。となることって意外と多いんですよね。私が愛用しているものをご紹介すると共に、荷物置き場や収納力抜群の商品をご紹介します。

キャンプ時にお勧めする荷物置き

私が荷物置き場として愛用してるのが

  1. コンパクトに収納できるベンチ
  2. アコーディオンのように伸びるマルチテーブル
  3. 細かいものを全て収納できるラックランタンスタンド
  4. 設営撤収の時に役立つグランドシート

このような形で使い分けています。順番にお話をします。

コンパクトに収納できるベンチ

いろいろと使いましたが最終的に落ち着いたのがコンパクトに収納できるベンチ。

これが1番正直使いやすいです。

ラックなどもあるのですが、意外と運ぶ際の荷物のスペースが多く車での持ち運びに不便なところもあります。

そこでかなりコンパクトに収納できるベンチを使えば全てその上に物を置けるようになります。

椅子として使うこともできますし、荷物をその上に全て載せることもできます。

かなり万能です。

下の写真のような感じで荷物の収納は無印良品のラックを使っています。

その中に荷物を詰め込んでベンチに置く。

これが私のスタイルとなっています。

 

 

 

アコーディオンのように伸びるマルチテーブル

荷物置きとは少し離れるかもしれませんが、次にご紹介するのがDODのマルチテーブル。

これは本当に便利です。

すごく小さく収納できるわけではありませんが、アコーディオンのように伸び縮みを押し、中には3段ボックスように収納する部分があります。

そこに食材やお菓子など収納することができます。

DOD折り畳みキッチン

大きな荷物を行うかもしれませんが細々した荷物を置くのには最適です。

 

 

 

細かいものを全て収納できるラックランタンスタンド

こちらも大きなものを置くものではなく焚き火セット、シェラカップなどを置くように必要と考えてください。

意外とその辺に放置してしまってなくすこともよくあります。

火ばさみであったり手袋だったりナイフだったりそういう小物をかけるような服だと考えてください。

これも意外と役立ちますし重宝しますよ。

荷物の大きさとしても全くかさばらないのでお勧めします。

見た目結構かっこいいですよ!

 

 

 

 

設営撤収の時に役立つグランドシート

晴れの日があればグラウンドシートを敷いてそこに荷物を直接置くのがいいと思います。

撤収する時や準備するときはグランドシート超役立ちます。

こんな感じで全て荷物を置いていき順番に収納していく。

または出す時もこの上に荷物を全部置いて出していく。

細かいものはテントの隅っこのほうにグランドシート敷いてその上に荷物を置いていく。

このようにすると比較的場所も安定できます。

ただ雨の日にはこの方法ができないので天候には左右されやすいです。

ソロキャンプの際にはこんな感じです。

 

 

オレゴニアのグランドシートはかなりいいですよ。

記事も耐久性も抜群なのでおすすめです。

大きさは上記の物で、荷物を置くだけだとそこまで大きくなくてもいいです。

ラックを買って荷物を置きにするのはダメ?

ラックを購入して荷物を置いている方も多いですよね。

 

見た目もすごく綺麗ですしシンプルにもなります。

しかしこれ意外と使いにくいです

私も購入して使っていましたが荷物を置くに関してはすごくいいです。

しかしファミリーキャンプなどで使うには、荷物がかさばってしまうので邪魔になることも多いです。

また段差がある分だけわざわざ箱に入れているものを、一度取り出してまたしまってと言うふうに作業が一手間増えてしまいます。

私は基本的にめんどくさがりなので出して入れて出して入れてを繰り返すのはちょっとストレスになってしまいました。

便利なのは便利ですがそのようなものがあるので私自身は使わずあまりお勧めはしません。

最終的にキャンプの荷物置き場としてレギュラー入りにしているのは?

1番最初にお話をしたベンチです。

ベンチの荷物置き場が1番ずっと使っています。

コスパもかなりいいし、収納率もかなり良く私はこのベンチを4つ持っています。

荷物置き場を中心にしていますが、子供の椅子として使ったり、焚き火を囲ってラーメンなどを食べる時もベンチがあれば机代わりにもなるのでとても重宝します。

ガシガシ使っても全然壊れた気配もないし、大人が寝そべっても全く問題はありません。

洗う時もしっかり乾かしさえすれば丸洗いできるところも魅力的です。

荷物を置く際にとても重要な配置

今回の趣旨とは少し離れますが荷物を置く際に配置ってすごく大事ですよ。

例えばテーブルがありラックがあり椅子がありとテントの中で使っていると意外と狭く感じたりします。

導線を考えて基本的に私の場合は端っこの方もしくはインナーテントの前に荷物を置くようにします。

ルールとして1番奥に座っている人が荷物を取り出す係にして手前の人がご飯をよそう。

こんな感じで役割分担をしています。

先ほどラックの話をしましたが、ラックの場合いちどその場所に場所を決めてしまうと動かすのが大変なんです

しかしベンチ等あればこの配置いまいちだな。

と感じればすぐに配置を変えることができます。

そういう楽さや自由性があるのでラックではなくベンチを使うようにしています。

何度か失敗を重ねていくと自分のキャンプスタイルが出来上がっていくのでどの位置に何を置くのが1番良いのか?

ということがわかるようになります。

私の場合は毎回同じところにものを置くので子供や妻も全て覚えてくれています。

で写真のように真ん中にロゴスのテーブル。

それを囲うように椅子。

サイドにベンチ。

逆サイドにDODのマルチラック

その横にクーラーボックス。

こんな感じが基本的にルーティンです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はキャンプのときの荷物置きに対してのお勧めするものをご紹介しました。

絶対にこれじゃなければいけない。

と言うようなルールは特にないのでご自身のやりやすい方にやってもらったらいいと思います。

ただある程度天候にも左右されるので移動が簡単でコンパクトに収納できる。

キャンプでは比較的求められることなので、その辺を検討しながら今回の内容を参考にしてみてくださいね。

ではまた別の記事でお会いしましょう。

さよなら。

今回ご紹介したギア一覧