キャンプに最適!?電動ミル付きコーヒードリッパー

かつや
キャンプをより楽しむために欠かせないものがコーヒー。私も妻も大のコーヒー好き。お酒の後のコーヒーも最高ですし、朝起きて挽き立てのコーヒーを飲むのも最高です。今回購入したブルームのコーヒーメーカー。電動ミルも付いていてこの商品最高です。実際に使った感想と、良さをブログでご紹介します。きっとあなたも欲しくなりますよ。

ブルームの電動ミル付きコーヒーメーカーは最高

パッケージからして最高にかっこいいです。2種類の色がありますが、私はクリーム色にしました。

全体のフォルムはこんな感じ

3つの部分からなり、全て分解することができます。

豆を入れる部分と、電動のスイッチの部分。一番下がドリッパーとカップになっています。

洗うのもとても簡単です。

内容物もとてもシンプルで、電源コードと本体の2つだけです。

充電はUSBでどこでも行うことができて、充電の先っぽはタイプCと呼ばれるものです。

MacBookなどと同じ先端になっています。

上の写真のようにコーヒーの粗さを調整することができます。

基本的に私は、細かい方が好きなので豆を細くしていきます。

電動ミルが動いているときは青いランプがつきます。

写真では2つだけ付いていますが、電池の残量が2メモリと言う意味です。

上の部分をかちっと回しながら外しコーヒー豆を下の部分に入れます

こんな感じですね。

少しこぼれやすいのでちょっとずつ豆を入れることがお勧めです。

で黒い部分のボタンを押すと勝手に電動ミルが動いてくれます。

豆が引き終わると勝手に止まってくれるので放置をしておいても問題はありません。

 

このような感じで豆がきれいに弾けます。

中に黒いドリッパーが入っているのでサイドを立ててお湯を注ぎます。

このような形でコップにコーヒーが流れていきます。

ちなみに職場でもこれを使うので、タイガーのわく子さんも同時に購入しました。

めちゃくちゃ便利ですよ。

邪道と言われそうですが、真冬のキャンプのときにはこれも一緒に持っていきました。

 

写真の写りがすごく悪いですが、実際にお湯を入れて一番下の部分のカップを外すとこのような形になります。

コスパも非常に良く、きっちりと豆をひくことができるのでかなりオススメの商品です。

500のペットボトル程度の大きさなのでほとんど邪魔になることもありません。

すべて分解をすることができるのでお手入れもかなり簡単です。

ちなみに使っているコーヒーは、カルディーです。

キャンプに電動ミル付き、コーヒーメーカーは邪道?

キャンプに電動ミル付きコーヒーメーカーは邪道でしょうか?

私も以前は手動でコーヒー豆を挽いてドリップをして飲んでいました。

もちろんとても美味しくて大満足でした。

今はブルームの電動ミル付きコーヒーメーカーを使っています。

キャンプなのでコーヒーを引くと言う一手間があるとそれだけで雰囲気も変わってくるかもしれません。

ここは考え方の違いかもしれませんが、時間を有意義に使うためにも、コーヒーミルを使うというのは私個人としてはアリじゃないかなと考えています。

キャンプがすごく好きなので、有意義に時間を過ごしたいというのがとても強いです。

すごく長時間と言うわけではありませんが、ちょっとの時間でも楽しみたいので、ミルを弾いている間に違うことをしたり。

片付けや準備をするなど片手間にできることがすごく良いのではないかと思います。後は単純に毎回に2人を作ろうと思うと豆をひく時間がかなり短縮できると言う事ですね。

職場でもフルで使っているのでキャンプでも仕事場でも最高のコーヒーを毎日飲むことができています。

キャンプでも電動ミルを使いたい。自宅でも電動ミルを使いたい方には最高。

最後に使って感じた事は、キャンプの時でも自宅でも両方とも楽しめるのが最高と言うところです。

見た目もすごく綺麗ですし、ドリップの際にペーパーが入らないのでかなりエコな商品でもあります。

すべて分解ができるのでかなり清潔ですし、一番下の部分がカップになるのでコーヒーを飲むにはこれ1台あれば全て解決します。

いちど充電をすれば20回程度引くことができます。

かなり経済的な魅力もあるので本当にオススメですよ。

今回ご紹介した私が使っている商品を下に全て載せておきますね。