キャンプ時に最適なコンパクトトング。荷物も減らせて使いやすいギアをご紹介

かつや
キャンプの際にとても重要なものの1つとして挙げられるのがトング。トングは、バーベキュー、薪をくべるときなど、全てのおいてとても重要になります。しかし、1つの問題として。邪魔。意外と場所を取るので困るんですよね。そこで、コンパクトに収納できてしかも強度もあるおすすめのトングをご紹介します。

 

 

持ち運びも耐久性も長さも。全てに置いて最高のトング

まず、今回ご紹介をするのはこちら

 

 

ホッチキスの様な形をしていますが、ここのジョイントで曲げ伸ばしできます。

サイズ感はこんな感じです。

トングのサイズ

(使用時)長さ:235mm  高さ:16mm (折畳み時)

(使用時)長さ:135mm  高さ:16mm(折畳み時)

重量 : 約80g

かなりコンパクトなのがわかりますか?

私が使っているスマホはiPhone11。

iPhoneの方が少し大きいくらいで、ほとんど差がない感じです。

全てをくっつけるまで縮む訳ではないですが、横幅もスマホよりは少し小さいくらいです。

なんとなくイメージは湧くと思います。

ミニトングとコニファコーントングの違い

他の選択肢としてミニトングがあります。

ミニトングも決してダメではないのですが

小さすぎて使いにくい

これがあります。

以前に購入したトングはこちら

 

 

ソロキャンプ限定で考えるといいと思いますが、ファミリーで使うと考えるとどうしても小さすぎます。

しかも、このトング長さが160mmあるので結局小さくした状態と同じです。

なので、大きさ、長さ使いやすさを重要視すると最終的に残りました。

私はこのトングを3つ持っています。

  1. 焚き火をする際
  2. バーベキューなどをする際
  3. それ以外のものを取る際

 

こんな感じで使い分けています。

焚き火と食事関係でもいいかもしれないですね。

私は気に入ったので沢山買ってしまいます。

ソロキャンプをする際には焚き火の時に使うものだけ持っていきます。

コニファコーントングの欠点は?

1つだけ欠点があります。

どの方向でも使うことはできない

当たり前ですが、収納ができるのでその方向に曲げることはできません。

単純に曲がってしまって持てないからです。

もつ方向は1点のみとなりますが、それさえ気にしなければ全く問題ありません。

この方向に曲がるので、使う際には逆方向にする感じですね。

まとめ

さて、今回はコンパクトに収納できるトングをご紹介しました。

今までの荷物よりも断然少なくなり、邪魔にもならなくなりました。

今まで何本もトングを購入しましたが、最終的に残ったのがこれ。

これだけあれば全て解決できるのでおすすめしますよ。