これは最高!モバイルバッテリーの大容量でおすすめはこれ

こんにちは。

克也です。

外出中に1番困るのはどんなことでしょうか?

私が1番困るのが携帯電話の充電がなくなることです。

最近は充電機能が良くなりバッテリーの持ちも良くなっているので昔に比べると携帯電話の電池がすぐなくなると言う事はないかもしれません。

少し遠出をしたり出張をしたりするとどうしても携帯電話の充電がもたないかもしれないと言う不安にさいなまれることがあります。

そんな時に必需品となってくるのがモバイルバッテリー。

私は普段iPad Proとスマホを持ち歩いているのですが、電池がなくならないか非常にそわそわしています。

両方とも充電をしようと思うと少ない容量では足りないしかといって大容量を持ち歩くのは大きすぎるしと言うことでどうしようか。

悩んでいたところ、非常に素晴らしいモバイルバッテリーをつけました。

今回は私が重宝しているモバイルバッテリーについてのレビューをご紹介いただきます。

 iPadもスマホも同時に充電をすることができる

私が使っているモバイルバッテリーはこれです。

24,000mAhもあり正直これ1台あれば携帯が4回から誤解充電することができます。

24,000mAhと言われても多いのか少ないのかよくわからないと思うので携帯電話のバッテリーの比較をしたいと思います。

私は普段HUAWEIと言われる携帯電話を使っています。

これの容量が3,000mAhです。

iPhone XS→2,658mAh

iPhone XS Max→3,174mAh

iPhone XR→2,942mAh

iPad Pro 10.5インチ→8.134mAh

同じ容量なのですが24,000mAhあると言う事は単純に計算して7回程度充電することができます。

さすがに一回の出張や外出中に7回も充電する方はいらっしゃらないと思いますが、それぐらい充電するのが簡単にまた容量があるので心配する必要がなくなります。

 iPad Proに関しては8100mAhあるので非常に電池の持ちが良いのですが、充電しようと思ってもにかいから2回程度フル充電をすることができます。

これだけあると十分と感じませんか?

オススメの理由 自然漏電がほとんどない

電池に多いのですが、購入してそのまま放置しておくと自然に電池がなくなっていく自然放電と呼ばれるものがあります。

せっかくフル充電にしたのにもかかわらず、使うときには半分程度になっていたと言うこともよくあります。

私はこの商品を買って1年ちょっとになりますが、自然放電はほとんどありません。

100%充電生で使おうと思った時に1%から2%程度減っている位でほとんど支障をきたすことがありません。

そしてもう一つの魅力が、

スマホとiPadを同時に充電することができる。

これ意外と便利なんです。

USB端子を入れるところが2つあるので同時に充電することができます。

最近はプライベート仕事用の携帯電話を2台持ちと言う方も多くいらっしゃると思います。

そのような形でも2つあれば同時に充電することができるので非常に重宝します。

TYPECの様にUSBが立たない場合もそれ用のケーブルを挿して充電すれば全く問題はありません。

ちなみに私が使っているタイプ4は3本入りで1000円を切っていますので非常に格安で経済的です

パソコンも充電できるけども自己責任で

もう一つの悩みとしてパソコンも充電できたらいいなというのが正直ありました。

基本的にモバイルバッテリーでパソコンの充電ができるかと言うのはあまり推奨されていませんが私個人的に実験で行ってみました。

結論から言うと全く問題はなく普通に充電ができ壊れることもほとんどありませんでした。

ほとんどと言うよりもありませんでした。

既に5回ほど行なっています。

このブログを書いている時もそうですし普段仕事で使っているのもMacBook Proを使っているのですが通常のパソコンよりも明らかに電池持ちは素晴らしいです。

しかし1日中使えるかと言われるとそんな事はないです。

やはり夕方になるとどうしても電池がなくなってしまう傾向にあります。

そこでUSBとTYPECで繋げて充電をします。

通常の線に比べると充電のスピードは遅いですが、普通に充電できます。

ただし

保証などはないと思うので怖いと言う方はやめておいて下さいね。

あくまでも自己責任でして下さい。

モバイルバッテリーの大きさと重さ

実際の私の手の載せた感じがこんな感じ。

少し大きいかな?

と感じるかもしれません。

実際にはやはり少し大きいですが、USBが2つあって24000mAhという容量があるのであればいいのかな?

と思います。

一応大きさは

縦19.4 x 横11.7 x 幅3.4 cm ; 408 g

です。

だいたい同じ容量だと同じくらいの大きさと重さがありますね。

私個人的には基本的にカバンの中に入れているのでそこまで気にはならないのが正直なところですね。

どちらにしても

  • USBが2つある
  • 容量が24000mAh
  • 自然放電をしない
  • PCも充電ができる(自己責任で)

この4つが魅力ですね。

これを

まとめ

スマホがでてからモバイルバッテーは必需品となりましたね。

ガラケーの時には正直必要なかったですからね。

最近は災害も多いので、少ない容量よりもできれば大きな容量があった方が絶対に安心です。

その事もあって私も妻も大容量を持っています。

今はスマホは必需品となっていますから。

そんな意味も含めてできれば小さい容量よりも大容量を購入して余力がある状態にしていきたいものです。

今回の記事を是非参考にして下さい。

ではまた別の記事でお会いしましょう。

私が今回ご紹介した商品はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です