エプソンプロジェクターでおすすめ機種はこれ!EB-S05

こんにちは。

克也です。

今回ご紹介するのはプロジェクターです。

実は以前から欲しいなぁと思っていたのですが悩みに悩んでエプソンのプロジェクターを購入することとなりました。

結果から言うと

非常に素晴らしい商品で購入して本当によかったです。

今回はエプソンのプリンターを実際に使ってみて良かった点と悪かった点等で裏を行っていきます。

あなたがエプソンのプロジェクターのよさの1つの参考としてください。

結論購入して本当に良かった

まず全体的なフォルムとしてはこんな感じです。

想像以上にコンパクトで机の上においてもそこまで大きさを感じることがありません。

パソコンとほとんど同じような大きさとなっています。

そして次につなげるポイントです。

HDMI端子だったり通常のAV端子だったり通常の端子は全て接続できるようになっています。

私は MacBook Proを基本使っているのでコネクターをつけてHDMI端子を使っています。

 MacBook ProとHDMI端子をつなげるコネクターについては下の記事をご覧ください。

MacBook Proに最適!USBTYPECハブ。これ一台で全て解決。

2019年7月9日

詳しく書いています。

HDMI端子を使うと非常に簡単に接続ができるので線を繋げればすぐに画面に表示することができます。

余計な先も特に必要ないのでHDMI端子だけ購入いただければすぐに付属できます。

私が使っているは下にご紹介しています。

実際明るいところと暗いところの写真を映しているので比べてみてください。

まずは暗いところ

明るいところで写真を撮影したい画像を見ても差はありますが、実際の画面では見にくいと言うことはありません。

暗い方ががより鮮明に映るのですが、明るくでも充分画面を見ることができます。

私は仕事用でセミナーを開催したりするので使っていますが、自宅では壁に移して巨大テレビとして対応することも十分分可能です。

私は根っからのゲーマーですのでゲームをするときに重宝しています。

白い壁だったらどこでもするので非常に素晴らしくすることができます。

また映画やテレビが好きな方だったらこれを使って大画面で見ることができます。

付属品として、

リモコンと、PCと繋げるコートがあります。

HDMI端子があれば、こんな感じで簡単につけることができます。

ちなみに私が使っているのはMacBook Proなので専用のコネクターが必要です。

金額の安いプロジェクターではダメなのか

実は以前に5000円ほどで使えるプロジェクターを購入したことがあります。

正直クオリティーをあんまり考えずにプロジェクターで見たいと言うだけならば充分だとは思いますが、私は正直オススメはしていません。

プロジェクターの鮮明度を表すルーメンと呼ばれるものがあります。

エプソンのプロジェクターは3200ルーメンあります。

それに対して安い金額のルーメンに関しては 800ルーメンだったりかなり低い数字でなってしまいます。

極端ですがNintendo Switchでゲームをするかスーパーファミコンでゲームをするかと言う位画質が違います。

正直見にくいです。

大げさすぎるかもしれませんがイメージ的にはこれくらい違います。

表記ではもう少しルーメンが高くても、実際に見ると非常に醜い状態だったりするのでプロジェクターに関しては正直きっちりと金額を払ったほうがいいと考えています。

私も実際に購入しましたがほとんど使うことなくやめてしまったというのが正直なところです。

仕事用でも自宅用でも両方とも使える

自宅でテレビを見る際にもプロジェクターにHDMIを変えるだけで投影することができます。

これは本当に便利です。

私は普段テレビを見る機会は少ないのですが、一度だけ試しに子供と一緒に出ましたが100インチほどの画面で投影することができました。

プリンターの角度を変えるだけで勝手に画面が調整してくれる

もう一つこのプロジェクターの魅力として凹凸の部分だったり高さを調整するときにプロジェクターを上に上げるだけで勝手に自動補正をしてくれます。

実際に使ってみるとよくわかるのですが勝手に補正をしてくれるので非常に助かります。

高い場所があれば良いのですが場所によっては高さを調整できない場合があるのでそのような場合には角度を変えることで勝手に平面になってくるなります。

もちろんフラットの状態のほうがきれいに映るのですが比較的うまくセッティングすることができます。

それによってあまり微調整が入らない状態で修正をしてくれます。

唯一のデメリット

基本的に私が使っていてデメリットはないと思うのですが、唯一1つだけ挙げるとすれば使用していると温風がが強く出てくる。

仕方がないことですけどね。

前川に出口があるのでプロジェクターの前にながら座ったりしていると暑いと言うふうに感じることもあります。

でもほとんどの場合後ろに立つので気にはなりません。

基本的にこれ以外はほとんど不具合は無いので気にする必要はありませんが、あまり使いすぎていると高温になる可能性があるのでその辺を考慮しながら使うことをお勧めします。

前面にカバーがあるのでカバーを閉めるとすぐに電源が落ちるのでそこまで心配する必要ないというのが私の意見ですね。

総合評価

今回購入して2ヶ月半が経過しましたがすでに5回ほどを使っています。

しかし全く困ることもなくむしろ購入して本当に良かったと思います。

初回がが5000円そこそこで安いものを買ったのでそれはそれで役に立ってよかったのです。

やはりきっちりとしたメーカーできっちりと値段を出すとそれなりに良い結果が出てきますね。

もしプロジェクターで悩んでいるなら今回の記事を参考にしてもらえると非常に嬉しいです。

また別の記事でお会いしましょう最後までご覧いただきありがとうございました。

今回ご紹介したもの

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です